子どもの看護休暇

子どもの看護休暇は、病気やけがをした子どもの看護を行うためや子どもに予防接種または健康診断を受けさせるために利用することができます。

小学校就学前までの子が1人であれば年に5日まで、2人以上であれば年に10日まで、1日又は半日単位で休暇を取得することができます。

※(小学校就学前に達するまでとは、子が6歳に達する日の属する年度の3月31日までをいう)

対象者
小学校就学の始期に達するまでの子どもを養育するすべての従業員(男女問わず)
○ 以下の労働者は対象となりません
 ① 日々雇用の労働者
 ② 以下の内、労使協定により対象外と決めた者
  ア)その事業主に継続して雇用された期間が6か月に満たない労働者
  イ)1週間の所定労働日数が2日以下の労働者
休暇日数
1年度において5日(子どもが2人以上の場合は10日)まで
○ 「1年度において」の年度とは、事業主が特に定めをしない場合には、毎年4月1日から翌年3月31日となります。
○ 1日又は半日(所定労働時間の2分の1)単位で取得が可能です。
○ 1日単位での取得のみとすることができる労働者
  ア)1日の所定労働時間が4時間以下の労働者
  イ)半日単位での取得が困難と認められる業務に従事する労働者(労使協定が必要)
利用手続き
事業主に申し出る必要があるため、各職場にお問い合わせください。
○ 子どもの看護休暇の申出は、休暇を取得する日や理由等を明らかにして、事業主に申し出る必要があります。子どもの看護休暇の利用については緊急を要することが多いことから、当日の電話等の口頭の申出でも取得を認め、書面の提出等を求める場合は、事後となっても差支えないこととすることが必要です。