就学前における教育・保育の場

教育・保育の種類と特徴
就学前における教育・保育の場としては、以下のような種類があります。

幼稚園
(3~5歳児)
小学校以降の学習や生活の基礎を作るため、幼稚園で子どもを預かり、就学前の教育を提供します。また、保護者の就労等により保育が必要な場合に、降園時間後等に子どもを預かる事業を実施している施設もあります。
保育所
(0~5歳児)
保護者の就労等により保育が必要な場合に、認可を受けた保育所で子どもを預かり、乳幼児期からの生きる力を養うための養護と教育が一体となった保育を提供します。
認定こども園
(0~5歳児)
保護者の就労状況にかかわらず、幼稚園と保育所が一体となった施設で子どもを預かり、教育・保育を提供する施設です。ただし、1号認定子どもに係る定員枠を設定しない施設もあります。
地域型保育
(0~2歳児)
少人数の単位で、0~2歳の子どもを預かる事業です。家庭的保育、小規模保育、事業所内保育、居宅訪問型保育があります。
認可外保育施設
(年齢要件なし)
保育の必要性の認定などにかかわらず、多様な利用目的に応じて通常保育、一時預かり、夜間保育等の保育サービスを提供する事業です。保育所としての認可は受けていないものの、県に対する届出を行い、定期的な監査を受けています。
事業所内保育施設
(年齢要件なし)
病院のように特殊な勤務形態への対応や従業員に対する福利厚生の一環として、事業所に併設された保育施設で、主に自社の従業員の子どもを預かる事業です。保育所としての認可は受けていないものの、県に対する届出を行い、定期的な監査を受けています。
子ども・子育て支援新制度の対象となる施設等
就学前における教育・保育の場は、子ども・子育て支援新制度(以下「新制度」という。)の対象となる施設等と対象とならない施設等の2区分に分かれます。

項目 新制度の対象となる施設等 新制度の対象とならない施設等
区分 ■ 幼稚園
■ 保育所
■ 認定こども園
■ 地域型保育(家庭的保育・小規模保育・事業所内保育)
■ 幼稚園(※1)
■ 認可外保育施設
■ 事業所内保育施設(※2)
■ その他の託児サービス等
利用条件 利用に当たっては「教育・保育の認定」を受ける必要があります。 施設等が定める条件によります。
保育料 保育料は居住市町村が定める金額となります。
※徳島市にお住まいの方の保育料はこちら。
施設等により異なります。

※1 私立幼稚園は、新制度に移行するか、現行の私学助成制度に基づく施設として継続するかを選択できるとされています。また、国立幼稚園は新制度の対象外とされています。
※2 事業所内保育施設が新制度の対象となるためには、従業員のみでなく、地域の子どもを受け入れる「地域枠」を設けることが条件とされています。そのため、新制度の対象とならない事業所内保育施設は、原則として当該事業所の従業員等による利用に限定されます。

平成28年度特定教育・保育施設一覧(新制度の対象となる施設等)
特定教育・保育施設とは、子ども・子育て支援新制度の対象となる施設として、市町村長による確認を受けた施設等を指します。
徳島市内における平成28年度の特定教育・保育施設について、認定区分ごとに利用可能な「特定教育・保育施設一覧」を作成しました。 これらの施設を利用される場合は、新制度に基づく教育・保育認定を受ける必要があります。
なお、受入可能年齢や保育時間などは施設により異なりますので、次の一覧表及びジャンル別検索「就学前の教育・保育」から各施設の情報をご確認いただいた上で、お申し込みください。

■ 平成28年度特定教育・保育施設一覧【1号認定】(PDF・76KB)
■ 平成28年度特定教育・保育施設一覧【2・3号認定】(PDF・129KB)

next–>教育・保育の利用手続き